革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

最近の投稿

諸経費の請求

廃車費用など諸経費の請求について

廃車時の税金還付廃車を依頼した際に様々な費用を請求されることがあります。主に3つ必要で、自動車リサイクル料、スクラップにするためのいわゆる解体費用それに抹消登録費用です。最後の抹消登録費用というのは陸運局などでの名義を抹消するための手続き費用になります。

一般的に廃車とは抹消登録のことを指して言いますが、もしその自動車がまだ乗れる、売れると判断したら業者によっては抹消登録後に中古車新規登録などを行ってまた乗るという判断をする場合もあります。

抹消登録手続きを行っていますので廃車手続きをしていないとは言えませんが、また売るのであれば買取りとして扱ってほしいと考える人は大勢いるのが実情です。ただ、その自動車を抹消登録していればその後ナンバープレートを付け替えて乗られてしまえばもう分からないのが現実です。

また、請求される可能性があるのが自動車税です。普通自動車などは都道府県税事務所から課税されてきますから、もし廃車手続きをするように業者に依頼していたとしてもその業者が手続きを怠ったりしていれば4月1日現在の人に自動車税の納税義務はありますから、その後月割りで支払わなければならない可能性が出てきます。特に3月に廃車手続きを依頼をした場合には、この月は陸運局での窓口が非常に混雑するため、業者の手続きが4月に遅れてしまう可能性があります。

このことは業者側から言われる可能性もありますが、3月中の申請のための処理が間に合わない場合があるため、その場合には翌年度分が課税されることになります。ただし、4月以降に抹消登録手続きが行われた場合は月割りで還付つまり戻ってきますので、多少損をするだけという形にはなります。

もし抹消登録ではなく名義変更だけの場合は、その年度分の自動車税の還付は発生しませんから、業者側とよく話をする必要があります。自動車税の還付がない場合などについてもあらかじめ業者側から説明を受けて納得した上で依頼することが大切です。
月割りでも数千円程度の負担が発生することになるので、万が一の際にはその負担をどうするのかをあらかじめ決めておくことが望ましいと言えます。

3月の廃車手続きは陸運局も業者も慌ただしくしているため、この時期の廃車はできれば避ける方が賢明であると言えます。可能であれば1月ごろには廃車に出すなどの対応を考えたほうが、万が一のことが起こりにくいために順調に話を進めることができることも留意しておく必要があります。

分解作業

廃車工場で行われる分解作業とは

廃車時の税金還付今日の日本において、自動車を所有している間は常に税金が賦課されることとなっています。
これはたとえ自動車を使用していないといったような場合であっても所有しているだけで賦課される税金として扱われているため、所有している自動車が今後に渡って使用されることはないと判断された場合は「廃車」の手続きを取ることとなります。
現在の自動車市場は非常に活発に活動を行っているため、ほとんどの車は中古車として買取をされる傾向があります。
ですが所有している自動車に値が付かなかったような場合、例えば古すぎて中古車としても価値がないと判断されるような場合や交通事故などによって自動車の根本的な機能が失われてしまっているような場合などは、廃車として工場で分解するほかがなくなってしまうのです。
廃車工場で行われる作業は一般的に、プレス機でつぶして鉄くずとするものと思われてもいましたが、現在はその在り方も大きく変容しつつあります。
廃車として工場へ運び込まれた自動車はまず、各部のチェックを行って作業指示書の作成が行われます。
車名などはもちろんのこと、エンジンの形式や搭載されている部品のコンディションなど細かな点に渡っての確認が行われることとなっていますが、現在はここで「再利用が可能な部品」の確認も行っています。
特にエンジンなどは製造に際して非常にコストがかかる部品となっていますので、可能なものはオーバーホールを行うことによって「リビルド品」として修理などに活用されているのです。
こうした車の状態確認が完了した後は、まずタイヤやホイール、バッテリーといった外しやすい部品から分解が行われていきます。
ここで取り外されたタイヤは石油燃料の代替品として活用される、再生ゴム、再生タイヤとして活用されるなどの方法で再利用が行われており、これら部品が外された後には車内に残留していたガソリンやエンジンオイル、クーラントやブレーキオイルといったような液体を全て抜き出すこととなります。
そしてこれらの除去が完了した後は、事前に製作されていた作業指示書に従って再利用可能と判断される部品を最大限まで抜き出していき、再利用可能部品の抜き出しが完了した後には残った金属部品などをプレス機で押しつぶすことによって、鉄材となります。
最終的にプレス機によって鉄材とされるという点については一般のイメージと相違はありませんが、今日の工場において実際にそこに至るまでには、廃車は様々な方法により次の活用が可能になるように分解作業がされているのです。