革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

解体するには

廃車にして解体するには

廃車時の税金還付乗っている車を処分するなら廃車にすることになりますが、自動車の完全な処分というのは解体業者の方で行います。廃車にするということは永久抹消登録という手続きが必要になり、その手続きを行うためには車を解体する必要があります。自動車リサイクル法の許可を取得しているこれらの業者の方で車の処分を行う際に解体証明書が発行されます。
この証明書の発行には時間がかかりますので、車を処分する際に書類が発行されるまでの間にどれくらいの期間が必要になってくるかを事前に聞いておいて確認していれば、廃車の手続きにも予定を組みやすくなるでしょう。業者の中には廃車の手続きも引き受けて行ってくれるところがありますが、こうした手続きの代行をお願いした場合は別途で手数料が必要になってきます。
廃車にするための永久抹消登録というのは書類を陸運局に提出して、この車を使っていませんという申告手続きのことになります。この手続きを行うことで自動車税の支払いを止めることが出来ます。また車検が1ヶ月残っている場合でしたら自動車税や重量税、自賠責保険の未使用期間分の金額が還付されます。自動車税や重量税、自賠責保険は管轄しているところが異なるので手続きの方法が違ってきます。自動車税に関しては各都道府県の自動車税事務所、重量税に関しては国税局、そして自賠責保険は各保険会社に口座手続きを行うことで還付金を受け取ることが出来ます。
永久抹消登録とは別に、一時抹消登録という方法もあり車は保管するが車を使用しない旨を陸運局に届け出る手続きとなります。一時抹消登録を行った後で廃車を行う場合は、永久抹消登録の手続きを行った場合に比べて廃車の前にその車を使用しない旨を登録できるので、車を解体したあとに手続きを行う永久抹消登録よりも抹消登録の手続きを早くすることが出来ます。月末に自動車重量税などの還付手続きを急ぐとなった場合でしたら、まずは一字抹消登録をしてから車を処分してもらう方が有利となります。しかし手続きは2度の段階を経ることとなります。これが永久抹消登録の手続きで行う場合は1回の手続きで完了できます。
どちらの方法でも車を処分することが出来ますが、それぞれ手続きが完了するまでの期間の長さと、手続きの回数が違うこともあり、どちらの方法を選ぶかは廃車を行おうとしているタイミングによって決めることが出来ます。またこれらの手続きは業者に受け持ってもらうことも出来ます。